2017年11月13日

おはようございます。ホンダ「アロンソの4ポイントで皆のハードワークが報われた。最終戦では力を出し切りたい」/F1ブラジルGP

 2017年F1ブラジルGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは8位、ストフェル・バンドーンはアクシデントによりリタイアした。

2017年F1第19戦ブラジルGP マクラーレン・ホンダが記念撮影

 6番グリッドからスタートしたアロンソは、スタート直後にひとつポジションを上げたが、5周目にフェリペ・マッサに抜かれ、その後、レースを通してずっとマッサのすぐ後ろを走り続けることになった。28周目のピットストップの後、42周にわたってマッサにチャレンジし、1秒以内の位置を走り続けたが、結局はオーバーテイクをすることはできず、0.481秒差で8位という結果になった。

 バンドーンはスタート直後にケビン・マグヌッセンからヒットされて、左フロントのトラックロッドとフロントウイングが破損し、すぐさまリタイアしなければならなかった。このアクシデントについては、スチュワードは審議の結果、ペナルティを出さないことを決めている。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 今日はいいレースができました。フェルナンドがライバルたちとコース上でエキサイティングなバトルを見せてくれたのです。

 6番グリッドからスタートしたフェルナンドは、気温が高いなか、タイヤをうまく管理して走り、決勝を通して一貫したペースを維持して走りました。マッサをオーバーテイクしてポジションを上げることができずに残念でしたが、彼は見事なパフォーマンスを見せ、チームのためにポイントをさらに稼いでくれました。

 一方でストフェルにとっては、きわめて残念なレースになりました。彼に非がないにもかかわらず、1周目を走り切ることなくレースを終えなければならなかったのです。それまでは堅実な週末を送っていたので残念です。

 全体的にみて、まずまずの週末だったと思います。私たちのパッケージはどのセッションでもそれなりのスピードを示しましたし、ポイントを追加することができ、それによって全員の努力が報われました。

 マクラーレン・ホンダとして過ごす今シーズンも残すところあと1戦です。パッケージからすべてのポテンシャルを引き出すため、全力を尽くしていくつもりです。




どんどん記事を掲載していきますので、よかったらポチっとお願いします。
posted by ケイイチ at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク